就職活動と就職後の付き合いについて

就職活動中の過ごし方

就職活動中は、まず健康に気を付けましょう。健康でなければ、社会人として仕事をすることはできません。睡眠時間を削らないように注意すべきです。睡眠時間が少なくなると、集中力がなくなり、就職活動がうまくいかなくなります。就職のことが気になって、眠れないこともあるでしょう。そんな時は、できるだけ気持ちを切り替えることが大切です。寝る前に穏やかな気持ちになれる音楽に耳を傾ければ、よく眠ることができます。健康に関して言えば、食事も大切です。バランスの良い食事が大切ですが、脳の働きが活発になる食べ物をできるだけ取りましょう。脳の活発な状態を保っておけば、企業の面接のときにシャープな印象を与えることができます。レシチンが含まれた大豆製品を食べれば、脳の機能がアップします。
独身の方だったら、就職活動中はできるだけ一人で過ごすようにしましょう。友人と過ごすと、友人の境遇と自分の境遇をくらべて、気持ちが落ち込むことがあります。友人が一流企業に勤めていて、給料を多くもらっていれば、劣等感が生まれるでしょう。そのような感情は就職活動にマイナスになります。他人と自分を比べないで、良い仕事を探すことだけに気持ちを集中させましょう。
情報に注意することも大切です。転職サイトに登録して、質の良い仕事の情報を集めれば、転職は成功します。プログラマーへの転職を考える方は最近はネットでの求人が多いのでそちらを利用すると良いでしょう。自分が入りたい会社が見つかったら、面接対策を始めましょう。志望動機や転職の理由を考えます。否定的なことは言わないようにして、肯定的なことを口にできるように準備するのが効果的です。例えば、人間関係がうまくいかず、転職を希望しますといったことは言わない方が無難です。面接のときは緊張するので、その緊張を減らす方法を自分なりに考えましょう。

就職活動の鉄則を理解する

就職活動をする際には、まずは自分の適性について知っておく必要があるでしょう。自分のことは自分がよく知っていると思いがちですが、実際は主観的にしか自分を見ることができていないことの方が多いです。そのため、客観的に自分を見ることが重要になります。そのためには、適性検査などを受けたり、自己分析シートなどを活用して、どのようなジャンルが自分に合っているのかや、自分の性格など、企業の採用に有利になれるような対策をとるためにも知っておく必要があります。
また、就職活動で重要なことは、以上のような適性を知っておくことを前提として、それをアピールするために積極的な努力をすべきというところです。いかに面接のプロであろうとも、物の数分でその人の能力等を把握することは難しいです。それならば、こちらから積極的に仕掛けて、アピールをしていく必要があります。そのため、積極的な努力をしていくことが求められます。そのための努力としては、プレゼン能力を鍛える必要があります。自分が優れている人間であっても、それが相手に伝わらなければ意味がありません。企業にとっては、無能な人間と変わりがなくなってしまいます。そこで、プレゼン能力を駆使して、自分がいかに会社にとって有用なのかをアピールをしていくのが重要です。
ただし、就職活動において、過度のプレゼン能力はかえってマイナスになるため、注意が必要です。中身が伴わないのに、それを大きく見せることは、かえって印象が悪くなります。これまでの経験が充実しているのならいざ知らず、そうではないのに大きなことを言っていることは、滑稽でもあります。したがって、あくまで客観視した自分の情報を基に、アピールをするように心がけましょう。

就職して会社に馴染むコツ

今までの学生生活を終えて晴れて社会人になると、すべての事が今までと違うと感じるでしょう。まず、周りの人たちの年齢です。今までは同い年の集合体でしたが、新卒であれば親子以上の年齢幅がある訳です。また、上司と部下という形も馴染みがないでしょう。それでは、就職した会社に早く馴染むためには何が必要なのでしょうか。
まずは、「自分をなるべく隠さない」ということです。
誰でも、最初は緊張してうまく話ができないものです。上司や先輩が気を使っていろいろと話しかけてくれますが、今までと違う環境に緊張してしまい、うまく返答ができないことも多いでしょう。また、返事も、「はい」の一言で終わってしまい、その後の会話が続かないのではないでしょうか。こうなると、なかなか馴染むのが難しくなってしまいます。そうならないためのコツは、がんばって自分のことを話すことです。学生生活の事でも趣味でもなんでもいいのです。せっかっく質問してもらったら、少しでも自分の情報を与えるようにしましょう。無駄な個人情報を与える必要はありませんが、質問をしてくれた人はあなたが心を開いてくれていると感じて、あなたの事を気にかけてくれるようになります。
次に「自分から質問をする」ことです。
仕事上の質問だけではなく、会社のルールなどでも良いでしょう。会社周辺のローカルな話題でも良いです。自分から質問をすることで、質問をされた相手は距離を縮めてくれます。だからといって、学生のころのような距離感にはならないので、そこは安心してください。あくまでも仕事上の付き合いですし、円滑に仕事をするためのコミュニケーションです。
以上の2つをまとめると、若いうちはかわいがられるようにするということです。かわいがられるようになれば、仕事を教えてもらえたり、困ったときに助けてもらえます。あなたにとって良いことばかりですので、ぜひ挑戦されてはいかがでしょうか。