就職活動と就職後の付き合いについて

システム関係、フロアレディ関係の就職先に関して

システム関係の仕事には「システムエンジニア」という仕事がよく知られています。

こちらは、主に工学部などを出た方が、システムエンジニアとして働くケースが多いですが、中小企業などの場合には、工学部などの卒業生でなくても、就職試験において、採用をしてくれることがあります。

その理由として、このようなシステム関係の仕事は、日進月歩の世界であると言われており、日々新しい知識が必要となるため、「若く、情熱的な気持ちを持っている人」であれば、採用を行う、という方針があるからです。

もちろん、会社によっても異なっていますが、まったくの畑違いの「文学部」の卒業生の方が、転職をしてこのようなシステム関係の仕事に就職しているという事例も多くあります。

一方で、フロアレディの仕事に関しては、こちらは「女性」への求人となっています。

理由としては、フロアレディと名前のつくように、女性のための仕事であり、お客様が癒しを求めて来ることが出来るように設定されているためです。

これは、心理学的にも証明されており、「若い女性が男性に対してお酒の接客などの仕事をしていると男性は安心感がある」とされており、そのため、多くの勤務先などでは、若い女性を主に積極的に採用しています。

フロアレディの求人に関しては、都会でも田舎でも割と多く、求人雑誌などを見れば、かなり良い給料で募集をされていることが多い職種となっています。

また、年齢に関しても、その他多くの職場では20代から30代前半、と募集をしていることに反して、フロアレディの就職に関しては、40代の女性でも可能、としているため、子育てを終えた主婦の方などや、他に仕事などが見つからなかった方などが、こぞって応募をしてくるケースもある、とされています。