就職活動と就職後の付き合いについて

大学を中退してコンサルティングに就職するには

大学生活に目的が見出せないと、大学に通う意味を感じなくなり早くを中退したい気持ちになると思います。大学をただ中退しては、無職になってしまいますので、大学を辞める前にしっかりと自分がやりたいことを決めておきましょう。ここでは、大学を中退してコンサルティングとして活躍する方法を説明していきます。コンサルティングとは、個人や企業に対して指摘したり計画を作成したりするなど、現状より良い方向へ行くよう指導することです。人に何かを指導するので、経験がないと難しい仕事でもあります。しかし、逆に言ってしまえば経験済あれば知識がなくてもコンサルティングを行うことができます。ここで最もコンサルティングになるのに使い道は、コンサルを行っている企業に就職することです。しかし前述した通り、この仕事は経験さえあれば誰にでもできる仕事です。よって、企業によっては全く意味のない指導をしたり無茶な計画を立てさせたりする企業もあるので注意が必要です。そのような企業は、大体が小さな企業形態である傾向が強いです。面接の時などにしっかりと質問をして、怪しいと思う点があれば避けましょう。さて、コンサルを行う上で重要な事は何でしょうか。経験が必要だと言う事は述べました。次に重要なのは、物事を大きく捉える力です。よく聞く言葉ではありますが、木を見るのではなく森を見るように全体を把握することが重要です。その上で、その企業に必要な知識や経験などを指導するのです。全体を見ずに計画を立ててしまうと困っている点や改善点などだけに意識が集中してしまい企業全体のコンサルティングにはならないのです。コンサルティングを目指すなら、常日頃、物事を全体像で把握する癖をつけておきましょう。