就職活動と就職後の付き合いについて

就職に関してのナビ情報や管理職

管理職への就職の場合、会社によっては「大きな実績のある営業経験のある人」などを対象に、管理職を募集している企業などもあります。

ただ、このような場合には、やはり管理職と言っても、「営業」を主体にした会社であるため、基本的にかなり精神的に苦痛であり、辞めていかれる管理職の方々も多いです。

基本的に管理職という立場は、その名の通りに「管理を行う」という仕事であるため、他の社員さんや職員さんが気持ちよく、精神的に病まずに会社などに出勤して、しっかりと働けるように「管理」をする立場となります。

そのため、「管理職」でありながらも、多くの社員さんが続々と辞めていく職場は、その人の管理体制がまったくなっていない、という状況であり、管理者としては失格レベルということです。

実際に、自殺まで起こしてしまうケースが、現在の日本ではあります。このように苦しみながらも、誰も助けてくれず、管理者に相談しても、手を差し伸べてくれなかった、というケースが多々あり、大問題になっています。

一方で、このような管理職に就職したい場合には、いったん、銀行なり総務などの募集に応募して、そこから採用をされれば、いずれはこのような仕事に就ける企業などもあります。

例えば、ナビなどの仕事を最初は任されており、「金融商品の案内」や「お客様からのクレーム担当」などを行って、ナビでお客様の相談窓口、となっていた人が、いずれはこのように、管理側の仕事に就くことはよくある話、となっています。

また、ある一定の年齢、例えば勤務をしてから3年経過しており、さらに25歳以上の場合には、「幹部候補生」として、管理側の仕事に就くように、試験が実施されることもあります。

これは、かなり優秀な社員さんが選ばれ、論文試験などもあるとされています。