就職活動と就職後の付き合いについて

就職活動では施設への電話に注意しよう

就職活動では、あらゆる行動が見られているので、応募する施設のスタッフと接する時にも丁寧に応対するべきです。
特に、施設への問い合わせの電話は重要であり、場合によっては採用の可否にも影響してくるほどの要素となっています。
接客業であれば電話応対は必須スキルですし、一般の顧客がいない業界であっても取引先に失礼な対応をしてはなりません。
そのため、就職活動中の人間として問い合わせをする時には、基本的なビジネスマナーを守ることが大切です。
電話はお互いに声しか分からないので、より一層イメージがつきやすく、採用担当者に直接アピールするチャンスにもなります。
できるだけ施設が忙しい時間帯を避けて電話をするだけでも、社会人としてふさわしい気配りができていると見なされる傾向にあります。
まだ学生で電話のビジネスマナーが分からない方は、親などの年配者に聞くか、それとも、書店のビジネスコーナーにある書籍を参考にしましょう。
短時間勤務のアルバイトであっても、電話に出る機会は多く、就職活動では丁寧な応対ができることが強みになります。
同年代の友人としか接しない学生時代にあっても、お金をもらって働く仕事では社会人と同等のマナーが求められるのです。
逆に、施設に電話をかけることで、勤務しているスタッフの人間性や職場の雰囲気を確認できるメリットもあります。
採否を決めるのは施設側ですが、就職活動をしている側も自分に合っている職場かどうかを吟味していることを忘れてはいけません。
離職率が高い職場は、やはり電話した時に何らかの違和感を覚えるケースが多く、実際に働きだす前に危険回避するための情報としても役立ちます。
スタッフが待機している事務室は、店内とは雰囲気が大きく変わるので、じっくり観察しましょう。